サルーフの群友について考える

ドラフト

今日はこちらの狼について語っていきたいと思います。今回のカルドハイム最強緑クリーチャーの1体ですね。

①2マナで予顕出来て2マナで出せる

②優秀な3/3スタッツ

③装備やスケムファーの闘争と合わせて4/4となる。

④ワンドローはメタ的に強い

⑤後半、素引きが強い

で伝えていきます。

①2マナで予顕出来て2マナで出せる これは大きなメリットです。2マナのクリーチャーの多くが2/2もしくは2/1です。3マナのクリーチャーの多くが3/2であります。2マナのクリーチャーを牽制しつつ3マナのクリーチャーと相打ちが出来ます。相手からしても2マナのクリーチャーは無駄死にさせたくないですし、3マナ3/2クリーチャーが殴って相打ちするには狼のワンドローアドが大きいので躊躇してしまいますね。

②優秀な3/3スタッツ 弱者粉砕も2点ダメージで霜噛みも基本的には2点ダメージです。玄武岩の荒廃者も場にそこまで並んでいなければ2点ダメージが多いでしょう。3のタフネスは今回のリミテで明確に線を引かれている一個の目安なのです。予顕+2マナで3ターン目に出して来れるので相手からしても対処に困ります。特に緑と赤が最強色に数えられるカルドハイムではスタッツが高いというだけで除去耐性になります。格闘にしても3/3を序盤中盤突破するのは至難の業となります。結果的に、敵には大きな減速を。味方にワンドローで事故軽減となります。

③装備やスケムファーと合わせて4/4となる。今回のリミテではいかに4/4を作れるかが大きな差になっていると感じます。というのも3/2を上から殴りつつ、ライフ20点を5回で殺すラインとなるからです。②番のスタッツの話と被ってしまうかもしれませんが、3/2がたくさん出てくる世界では、4/4を大量に作って殴るのがわかりやすいのです。そのため一つの流れとして、2ターン目予顕→3ターン目狼召喚→4ターン目スケムファーの闘争 とつなげる事で3/2の頭を押さえつつテンポを取る事が出来ます。

④ワンドローはメタ的に強い 今のメタは「序盤予顕クリーチャーを並べて攻撃防いで後半デカブツクリーチャー出して殴る」という事が多くなってきているなと感じます。2マナクリーチャーの2/2スタッツが相対的に弱くなっているんですね。自分もそうですが、5,6マナを5枚入れてるとか余裕で出来る環境です。自分は10枚まで入れて試しましたが、5マナ6マナ10枚入れても7勝出来ました。そのため事故を減らすことが出来るワンドローは普通に強いのです。

 →説明しておきますと、地平線の探究者や金脈のツルハシといった殴りに行けるマナ加速手段が認知され、輝く霜などの実質1枚ロスとなっているカードが減ったからです。カルドハイムの勝ち方の1つとして敵をぶん殴りながらマナ加速してデカブツをたたきつける戦略があります。

⑤2マナの代替となる。 これは予顕クリーチャーほぼ全てに当てはまりますが、基本的に2マナのクリーチャーの代替として2マナに入るイメージでOKです。狼の予顕よりバリューの高い2マナというと、白のクラリオンや冬を彫るものなど少数しかないかなと思います。次のターン3/3が出てワンドローが約束されるなら予顕の方が価値が高いと思います。さらに霜噛みとか撃てると気持ちよすぎますね。序盤のテンポは多少遅くなりますが、3/3でガッチリ守るので突破は困難です。このデッキ構築の良い所は、素引きが強いんですよ。後半狼を素引きしたら大喜びです。後半ドワーフの援軍でも問題ないですね。序盤から後半まで役割が常にある。それがこの狼なんです。ピック率があまりにも高いです。コモンランキング1位、レア・神話レア含めて15番目に位置している狼です。つまりほとんどのアンコモンレア神話レアよりも強いんです。見かけたら積極的に取っていきましょう。

マジック:ザ・ギャザリング カルドハイム ドラフト・ブースター 日本語版 36パック入BOX
価格:12528円(税込、送料別) (2021/2/21時点)楽天で購入

コメント

タイトルとURLをコピーしました