ヤスペラの歩哨について考えてみる

ドラフト

今日はこちら。勝率54.1%と中堅さんの勝率をしております。狼みたいなぶっちぎった力はありませんが、この子はカルドハイム環境で大きな役割をしております。↓から見ていきましょう!

「1マナ1/2到達の強さ」

「好きな色のマナを出せる」

「マナクリーチャーである」

「予顕クリーチャーと相性が良い」

「エルフである」

「1マナ1/2到達の強さ」戦闘面で1マナで最も強いのは戦場の猛禽であると思います。1マナから出てクロックを刻み続けるクリーチャーで、白の強さの一因となっております。それを序盤から防ぎ続けるこのエルフは、なんだかんだで優秀なスタッツをしております。後半もトークンの攻撃を止めたりと役割が多く、実は最後まで活躍できるスタッツだったりします。1マナでタフネス2があり、到達もある。便利です。

「好きな色のマナを出せる」リミテの高マナ域はボムを求めてタッチすることがあります。カルドハイムは2色のアグロと多色ミッドレンジが強い環境になってきました。その中でこの子が好きな色を出せるのは事故を一気に減らしてくれます。他にもデッキ赤緑で基本緑土地であるスケムファー古の間を後半起動できたりします。タップ土地をガンガン入れても損になりにくいです。

「マナクリーチャーである」この環境はタフネス講座でも触れましたが、4/4から続くデカブツカードたちが非常に強い環境です。臆病巨人→灰毛の先導→リンドワームと出れば相手の爆発はすぐそこです。つまり勝ち方の1つとして、デカブツを早期に出す事はカルドハイムでは有効です。そのための一助として是非このクリーチャーを入れましょう。氷雪に価値を置かないならば、明確に輝く霜や複製する指輪よりも強いです。タップ能力は地味にマグダ取っている時、メリット能力になります。

「予顕クリーチャーと相性が良い」カルドハイムは予顕により2マナが大渋滞する環境です。ですが、ドワーフの援軍など、3マナあるのに2マナだけ使って勿体ないという事多くありませんか?序盤の1マナの価値は大きいです。そこで予顕クリーチャーを出しながら、その予顕クリーチャーをタップして新たに予顕する。これはすごいテンポがよく、予顕の不便さを感じません。さらに予顕をたくさん入れると素で撃つ機会も出てきます。マナクリとしても休む間がありません。

「エルフである」黒緑デッキもそうですがエルフは今回のカルドハイムでピックアップされている種族ですね。この子はエルフ関係なく強いですが、エルフシナジーのあるカードと組み合わせるとさらに強さが増します。横に並べるのにマナが大量が必要ですがそのマナを補ってくれるのも評価↑です。エルフの苦手なデカブツを難なく出せるのも大きいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました