根性って菊花賞ではどこまで必要なのか?

根性はスタミナの消費を抑えます。

より簡単に言うならば スタミナ+根性がレースで必要なスタミナ分あれば問題ないのです。

ですが、根性は200→300の時は劇的に変わりますが、1000→1100では本当に少しのスタミナ消費量しか変わりません。ここで大事なのは、根性ステ1を上げた時、スタミナ消費分が1以上あるならば、スタミナより根性を上げた方が良いでしょう。

今回菊花賞想定で、スピード1200パワー1200絶好調長距離S想定として

およそ根性420までスタミナと1:1交換が出来ます。

根性300程度しかないならばスタミナを30上げるよりも根性を30上げる方が効率が良いです。

根性300→400まで上げると消費スタミナは121減ります。21もお得ですね。

もちろん、400超えたからって急激にそのレートが下がるわけではありません。

根性を400→500に上げたら、消費スタミナは83減ります。17の分損と言えば損ですが、そんなに目くじら立てなくても良いでしょう。

500→600に上げたら、消費スタミナが61減ります。39の分損ですのでここまでは流石に上げたくないですね。

つまり、 420程度までは積極的に上げたい。500位まではまだ許せる。600以上はイラネという形ですね。

これは金回復スキルを積んだ所でレート自体に変化があるわけではありません。

根性が憎い!!と思って踏まない人多いですが、根性アオハル爆発1回位そんなに損ではなかったりします。流石に3回とか踏んでいたら踏みすぎなので、サポートカードと相談した上で決めて欲しいとは思いますが、今回の記事は、根性を踏む事の忌避感を少しでも減らしてくれたらなと思い作りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました