デスブレードについて考える

TFT

性能

攻撃力が40/60/80★増加する(素材を含む)。

所見

チャンピオンの星の数に合わせて攻撃力が増加するアイテムです。チャンピオンが重なって星2になれば60増加。9体重なって星3になれば80も増加します。例えばザヤは

星1 攻撃力70 星2 攻撃力 126 星3 攻撃力 226.8

ですので、デスブレードを積むだけで、星1では1.57倍 星2では1.47倍、星3では1.35倍の上昇がみられます。

さらにティアー1のセトになると、

星1 攻撃力50 星2 攻撃力90 星3 攻撃力162ですので、

星1では、1.8倍 星2では、1.66倍 星3では、1.49倍となり、他のADアイテムの追随を許しません。

しかし逆にサイフェン(ウィスパードラゴン)などのように元から攻撃力が高いキャラの場合

星1 攻撃力100 星2 攻撃力180 星3 攻撃力324

星1 1.4倍 星2 1.33倍 星3 1.24倍と、逆に他のADアイテムよりも弱くなります。

比較

ADを上昇させることに関して、比較相手になるのがインフィニティエッジとジャイアントスレイヤーです。物理アタッカーのアイテムビルドが多くの場合、ADとASと回復アイテムだと考えるとどれか一つしか積む事は出来ません。

インフィニティエッジとの比較

まずはインフィニティエッジの性能から見ていきます。クリティカル率が75%上昇する(素材アイテムを含む)。クリティカルダメージが10%増加する。クリティカル率が100%を超えた分は、1%あたり1%のクリティカルダメージに変換される。

チャンピオンは誰でもクリティカル率25% クリティカルダメージ130%を持っていますので、インフィニティエッジを持つと、クリティカルダメージ100%クリティカルダメージ140%、攻撃力10上昇します。クリティカルダメージの魅力は物理スキルに乗る事と、乗算という事です。特にアサシンは特性でクリティカル率もクリティカルダメージも上昇しますのでIEとの相性が非常に高いです。

ジャイアントスレイヤーとの比較

ジャイアントスレイヤーの性能はスキルと通常攻撃が25%の追加ダメージを与える。対象の最大体力が2200以上だった場合は、代わりに50%の追加ダメージを与える。という効果を持っています。スキルの攻撃力も上がるのでダメージが魔法ダメージで乗るならこちらを積むのがベストです。体力2200以上に対してはジャイアントスレイヤーが一番火力が出ますし、それ以外に対しては3番手となります。ただ個人的にはアイテム3つ積みきった段階ではジャイアントスレイヤーが一番強いと思っています。何故なら前衛のタンクさえ殺すことが出来れば後衛を殺すのはすぐだからです。

比較の上での結論

非常に申し訳ない結論になりますが、作れるなら、デスブレードもインフィニティエッジもジャイアントスレイヤーもどれも強いです。特に今回のパッチでは理想装備を追い求めるのではなく、序盤から殴り勝てるような編成にしていかないとすぐにHPがなくなって8位転落してしまいます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました